2016年の手帳、買いました。 
(※2018年はコチラ⇒2018年の手帳は王様のブランチ×PAGEMバーチカル)

今回もいろいろ見たけれど、やっぱり毎年同じ
王様のブランチ×ペイジェムのB6ウィークリー2(バーチカル) にしました。
色はホワイトとパープルの2種類あるけど、白にしました。
来年は人生がちょっと変わるというか、新しく進むつもりなので、白の気分なのですヽ(*^^*)ノ

これが手帳についてるすべてです。
ペイジェム手帳

>>Amazonで【王様のブランチ×ペイジェムの手帳】を見る

「王様のブランチ×ペイジェム」は、2011年から使ってるので2016年で6年目です。
いまだにこれ以上の手帳に出会えてません。

・・・が、今回は、来年(2017年)は、この手帳シリーズはもう買わないかもな~なんて少し思いました。その理由はまた後で。

では去年との変更点や2016年版の感想を書きますね。
毎年使ってるほどとても好きな手帳なので、その分辛口になりますが・・・。
あくまでも個人的に、こうだったらいいなっていう感想ですので、ご理解ください。

↓月毎のページです。
ペイジェム手帳

満月・新月のマークが小さく表記されるようになってます。(今までは週間ページのみで、月間にはなかったのです)

毎月色が違う「月インデックス」なので、パッと見てわかりやすいし、その月を開きやすいです。
このインデックスの大きさも角度も完璧で、ぱっと見てぱっと開けて使い勝手がいいです。この色分けインデックスは、私のお気に入り部分のひとつです♪

私の手帳選びで必須ポイントは、バーチカルタイプで、朝8時から夜0時頃までの時間軸は必要。土日も同じ大きさの枠が必要ということ。

バーチカルでも、土日は小さかったり平日夜9時で終わってたりするものも多いです。
週5日勤務の会社員向けなのでしょうが、私はフリーランスなのでフルに時間管理したいため、一般的なバーチカル手帳では合いません。

↓王様のブランチ×ペイジェムのB6ウィークリー2(バーチカル)は私の好みに完璧にマッチしてるのです♪
ペイジェム手帳

この週間ページで去年と違うところは

・昼12時の線が太くなっている
・今までは朝8時は線のみで数字がなかったけど、2016年からは8時も表記されている


12時の線は昼で区切りってことなんでしょうが、今までずっとなかったので、これからもなくてよかったな~と正直思います。
これも先ほど書いたように、会社員なら12時から昼時間でしょうが、フリーだと関係ないので。

あと、手帳選びのポイント2つ目で、
数字などの文字や枠線が強調しすぎてないことってのもあるんです。
枠線の色が濃い手帳も多いですが、私が書いた文字が目立つことが大事なので、線が濃いものは好みではないです。

ということもあって、12時だけ濃くなってるのはちょっとな~と思ってしまいます。

でもこのシンプルな週間ページは素晴らしいです。
何年使ってても、いいな~って思う気持ちは変わらず。紙質も好きなんですよね♪

手帳選びのポイント3つ目は、イラストやコラムなどが一切ないほうがベスト。
女性向け手帳は、可愛いイラストや前向きになれる一言などがページの下にちょこっと書いてあったり、美容情報のページや読み物などがあったりします。

そういうの全ていりません。
とにかくシンプルで実用的なものが欲しいのです。

王様のブランチ×ペイジェムは、シンプルすぎるぐらいのシンプルさです。

2015年まであった「マイエンターテイメントリスト」という、読んだ本や見た映画などを書く1ページも2016年版からはなくなってます。

でも、日本地図・世界地図・洋服のサイズ表(日本ならこのサイズが海外ではこれって感じで、4カ国のサイズが表になってます)で計2ページ分あって、それも私には不必要。

ヘルスチェックカレンダーと年齢早見表が裏表で1ページあるんですが、私としてはそれは唯一あってもOKなものです。

ほんと、とことん無駄なものをそぎ落としたい派なのです(笑)

手帳の外観には特別なこだわりがないのですが、でもできれば表紙(カバー)の色が可愛いほうがいい♪
中身重視ですが、やっぱり女なので外観は可愛いほうがHappyな気分になります♪

ベビーピンクとかの薄いピンク系・もしくはパールホワイトとか、白でも可愛い白。パステルカラー系が好みです。
でもこれは絶対ではなく、表紙はカバーを変えるなどして対応できるので、できれば可愛いほうがいいということですね。

2016年は白とパープルで白を選びましたが、正直今年のカバーは可愛いとは思わないな~。。。
見た目布っぽい白い紙に前面は2016の文字と王冠ロゴのみで、裏は何もないです。

2015年も色もデザインも可愛いと思わなかったんです。でも買いましたが。。。
2012年までは色がほんと可愛くてウキウキしたのに、年々イマイチになってて、ここ2年は、なんともいえないです。。。

↓右写真のピンクは2015年版です。背の部分が本っぽかったのが、2016年版は、2016っていう文字のみです。
ペイジェム手帳

2014年から2015年は、月インデックスの色が変わったり罫線が変わったり表紙もだいぶ変わったりと、大きな変更点もあったんですが、2015年から2016年は小さな変更点がいくつかあるぐらいで、あまり変わらないですね。

まとめとしては、
このシンプルさはとにかく私の好みです。実用的です。

ただ!

今回購入してものすごく思ったことは、このシンプルさでこの値段は高くないか?ってこと。
B6ウィークリー2(バーチカル)は税込1,825円なんですが、毎年どんどん改良されていっぱい情報がつまってカバーや表紙も可愛くて1,500円前後のものも多いですよね。

でも、王様のブランチ×ペイジェムは、シンプルさゆえに、毎年同じように刷れば出来上がるというか。。。
余分なものがない分薄いですし、中身もシンプル・カバーはビニールで表紙もデザイン性がなく可愛くない(ちょっと失礼ですが・・・)となると、この値段は妥当なんだろうかと思い始めてきました。

今まではこの値段でも、私には必要な手帳だから全く気にならなかったんですが、今回初めて「ちょっとこれ・・・高くない?」って思ったんです。

それは私の心が、この手帳から離れつつあるっていうことだ!と、気づきました。

多分この値段設定は、王様のブランチとのコラボだからだと思います。
私は最初から王様のブランチとのコラボなんて全く興味なく、商品名にそう書かれてるから、そうなんだ~ぐらいの感覚しかないのですが、一応コラボ商品なので、普通の手帳代金にプラスアルファでお値段加算されてるのではなかろうかと。。。

このシンプルさで余分なものがなく、なおかつコラボといっても可愛い表紙でもないとしたら、1800円の価値がはたしてあるんだろうか?と思っちゃったのです。
1500円ぐらいが妥当じゃないかな~と。1280円とかなら、「この使いやすさでこのお値段は安い!素晴らしい!」と絶賛します(笑)

なので、そう思ってしまったので、2017年はないかもなと思うのです。
2017年の表紙が可愛いとか、何か心ときめく改良点があれば買うかもしれませんが、ここ2・3年ほど、ときめかないけど実用性ではこれしかないしな~という気持ちで買っちゃってるので。

ま、でも2016年はこの手帳とやっていくと決めたので、1年間仲良くやっていこうと思います(o^-^o)

>>Amazonで【王様のブランチ×ペイジェムの手帳】を見る

>>楽天市場で【王様のブランチ×ペイジェムの手帳】を見る

 カテゴリ
 タグ