最近読んだこちら。

ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターのイネス・リグロンさんが書いた本

世界一の美女の創りかた

世界一の美女の創りかた

ミスユニバース。
正直、全く興味がなく、

2006年 知花くららさん 第2位
2007年 森理世さん 世界第1位
になった時もニュースで見るぐらいで、すごいな~とは思ったけど、あまり身近に感じることもなく過ぎていった感じです。

この本も、当時書店でよく見かけたので発売されたのは知ってたけど、ほんと興味がなかったのでパラパラと読むことすらなかったんだけど・・・
今回、美意識のすごく高いキレイなお友達から美容関係の本をたっくさん借りました。

で、この2冊の本からかなり刺激をもらえました~ヾ(≧▽≦)ノ

パート1は、「イネスの魔法の言葉」としてビューティ編・メンタル編・テクニック編で分かれてて72のアドバイスが書かれてます。
これがまた、ちょっと厳しく書かれてるけど、すごく刺激になりました!
ノートにメモして、早速実行しよう♪と思えたし。

パート2は、知花くららさん・ 森理世さん・美馬寛子さん(2008年TOP15)の話とイネスさんの話が交互に書かれていて、普通の女の子がミスユニバースになるまでのバックステージが書かれてます。

今までミスユニバースやミスコン関連について考えたことも興味もなかったけど、読んでみてすごく刺激になったし、私が目標とする女性像に近い!って思いました。

ただ顔がキレイでスタイルが良い女の人に、私はなんの魅力も感じないから。
うわべを取り繕っても分かる人には分かるし、その取り繕ってる部分に惹かれてよってきた人達は結局分からない人なわけだから、それは果たして自分にとってプラスな人間関係なのだろうか?って思ってるので(^ ^ゞ

ま、自分が顔もスタイルも完璧じゃないからそんな事も言えるのかもしれないけど(笑)

ミスユニバースのように、私は世界を目指してるわけではないので、本を読んでも同じようになろうとは思わないけれど、でも、どの世界でも共通することだなって思えることが、この本にはたくさん詰まってました♪

私は私なりに、自分をしっかりもってでも人の意見を素直に聞き、外見も内面も、自分らしい美しさを追求していきます!

違う世界だからと読まずギライのままじゃなくて良かった~
貸してくれたお友達にも感謝だわヾ(^▽^)ノ

「女を磨く」ことに対してのモチベーションが一気にUPしちゃいました!
 カテゴリ
 タグ