スクワラン100%のオイルにビタミンC誘導体をプラスした美白オイルを使っています。

マルハニチロという食品会社の化粧品ブランドSQUINA(スクウィナ)のお試しセットをちょっと前に使ってみたんですが、これがまたものすごく良くて、クレンジングからオイルまで全て気に入ったのですが、とりあえずこのスクワランオイルだけでも現品を使いたい♪と思って。

これから乾燥が激しくなる季節なので、オイルの出番です(・∀・)

スクウィナ
◆スクウィナ 薬用ホワイトラン(化粧用油)
保湿成分スクワランにビタミンC誘導体を配合した薬用美白オイル
肌の潤いを守りながらメラニンの生成を抑えて、シミそばかすを防ぎ、透明感とハリ感のあるお肌に整えます


使い方としては、化粧水や美容液の後に1滴を手のひらにとって顔全体になじませます。基本的にはこれでお手入れ終了です。

私は1滴を全体につけた後、もう1滴をシミ部分や目元に重ねづけしてます。
でも乾燥してるな~って日や肌が疲れてる時は、化粧水の段階でホワイトランを1~2滴入れて混ぜて使ってます。
ボディミルクにもこのオイルを1滴入れたりします。
シャンプー後、タオルドライの後に洗い流さないトリートメントをつけてますが、そのトリートメントにも1滴入れる時もあります。

気に入ったので、なんにでも使っちゃってますヽ(´▽`)/

薬用ホワイトランはスクワランオイルといっても、べたつかずすごく肌なじみがいいオイルなんです。

スクワランは皮脂と同質のオイルだそうです!
だから肌なじみがいいんでしょうね♪

スクワランと同じくスクワレンってのもよく聞くけど、違いはなんだろう?って調べてみたら・・・
「スクワレンは人間の皮脂に多く含まれている物質だけど、加齢と共に減少していく。深海サメの肝臓に多く含まれている。スクワレンを精製したものがスクワラン」とのことです。

健康食品などでサメの肝油サプリがありますが、あれはスクワレンそのまま使ってるってことなんでしょうね~。
化粧品用として使う場合は、スクワランに生成してから使うようです。

ところで、薬用ホワイトランにはビタミンC誘導体も配合されていますが、ビタミンCはどんな肌悩みにもOKな万能成分だから美白(シミやそばかす)以外にも良いだろうし、美容オイルとしては最適ですね。

オイルって聞くと「油!べたべた!皮膜感!」ってイメージが前はあったけど、今の美容オイルはすごく進化しているな~と感じます。


スクウィナのトライアルセットを使ったときの感想です。
 スクウィナのお試しセット感想

スクウィナ
クレンジング・洗顔料・化粧水・薬用ホワイトランの4点セットです。