首コリを解消したくて使い始めた枕。
「ストレートネック矯正枕・スローコアピロー」

使い始めて3週間たちました。
疲れて早めに寝てしまう日以外は毎日使ってました。
もともと寝る前にテレビを見ながら足や腰のストレッチしたりストレッチポールで背中を伸ばしたりするのが習慣化してたので、この枕はその時間に使えるので生活に取り入れやすかったですね。

使い始めた経緯や首コリ歴の話などは前回の記事で⇒首コリ解消にストレートネック矯正枕使ってます

ストレートネック矯正枕・スローコアピロー

枕だけじゃなくて冊子やDVDなども入ってるセットです。
首コリ解消用枕
スローコアピローの信頼できるところは
いろいろな大学・専門学校などで使われていて、効果が実証されているところ
整形外科やスポーツジムでも使ってるところがあるということ
スポーツの現場でも実際に使われているところ


かなと思います。

↓詳しい説明はコチラでご確認ください
>>【ストレートネック枕】スローコアライフ公式サイト

※この枕(スローコアピロー)は、寝る時用の枕ではなく、エクササイズ用の枕です。

普通の枕は頭をのせますが、スローコアピローは首をのせる感じになります。
↓こんな感じ。
ストレートネック矯正枕・スローコアピロー

(※冊子に載ってる画像をお借りしました。冊子には人間のモデルさんが実際に使用してる写真やエクササイズをしている写真がたくさんあるので分かりやすいです。)

スローコアピローの作用としては
「枕の形状を利用した頚椎湾曲の矯正と、頭の重みを利用した脊椎へのけん引」だそうです。

なので、ただこの枕に首をのっけて寝てるだけでもOKなのです。

この枕は、人間工学に基づいて頚椎の形にジャストフィットするカーブ形状で作られているそうで、SとかMとかのサイズはなく、老若男女統一です。小学生や中学生でも使えるそうです。
枕の方向によって高い・低いが選べますし、それでも高すぎる・低すぎる場合は、タオルを敷いて調整します。
この調整方法も冊子に書かれてるので、どなたでも大丈夫だと思います。

横から見るとこんな感じ
ストレートネック枕

見た目は硬そうだけど、特殊なウレタンとかを使ってるらしく、ぷにぷに押せます。

使い始めて2日ぐらいは、この硬さで首に刺激が強くないかしらって心配もしたんですが、使ってるうちに柔らかすぎず硬すぎず、ちょうど良い硬さだ!と思うようになってきました。

首のカーブにしっかり沿ってて、適度な牽引があって、気持ちいいんです♪

でも、寝ちゃダメですよ~!
寝る時用の枕ではありませんので。

スローコアピローに首を置いてるだけでもOKなんですが、エクササイズをすることによって、さらに全身がほぐれてゆるまって、いいみたいです。
エクササイズといっても、首を左右に揺らしたり、ひざをゆらしたりとか足首まわしたりとか簡単なものです。

長くやればいいってものでもなく、10分ぐらいでいいと思います。
短い時間でも毎日やることが効果的なんだと思います。

この枕でせっかくカーブが矯正されても、長年の姿勢のクセで元通りになりますからね。毎日やって少しずつ良くなっていくっていうのが正しい使い方だと思います。

私はただ首を置いて寝てるだけの時もあれば、ストレッチする時もあります。
その日の気分によってって感じですかね。

元々夜にやってたストレッチ時間にこの枕を取り入れてるって感じなので、全然苦にならず、使えてます。

約3週間使ってみての感想は・・・

この枕を使うと、頭が軽くなります。スッキリクリアになる感覚。
詰まってる何かがすーっと通った感じというか。


これも首のカーブが正常になると、神経への圧迫も減るし、血とか酸素とかがすっと流れるからだと思います。

日頃どれだけ詰まってたかが分かりましたもん。

首って、脳と体をつないでるものだから、ここが詰まると脳からの指令や脳への酸素などへの影響がでるようです。
知識として知ってはいたけど、スッキリ流れるってこういうことなんだーと、体感として実感しました。
(詰まってる・流れてるというのは、私の感じた感覚の表現です)

私は元々首コリがひどいので、効果が分かりやすかったのかも。

何年か前に整形外科で牽引治療もしたことがあるのですが、あれ、私苦手です。
機械でひっぱるから無理にひっぱってる感じで、痛みや違和感・不快感を感じました。
これはやらないほうがいいかもっていう自分の直感に従って、何回かで行くのやめました。

その経験があるのでスローコアピローで首を伸ばすのも怖かったんです。
でもこれは自分の頭の重さで伸ばすので、必要以上の負荷がかからないみたいですね。

使い始めはほんと恐る恐るでしたが、何日かたったら平気になりました。
これは大丈夫。とか、気持ちよいと感じるとか、やっぱり自分の感覚って大事ですね。
不快感も痛みもでなかったし、時間も自分で調整できるし。(整形外科の牽引は何分って決まってて、自分ではもういいって思っても時間がくるまでそのまま引っ張られ続けてたので・・・)

で、使い始めて数日ですぐ、首の硬いごりごりが小さくなりました。
コリがほぐれた!とすごく嬉しかったですね。
首も肩も頭も軽くなって、呼吸も深くなりました。頭も軽いし体が軽い!


・・・でもそれで完全に首コリが解消されたかというとそうではなく、
また何日かしたら「ちょっとこってきたかな」となりました。

私は「ストレートネック&首が細く筋力もなく体型的に首がこりやすいこと」「噛み合わせの問題&顎関節症もあって、首がこりやすいこと」「座り仕事&パソコンを使う時間も長いこと」など、これは首がこって当たり前でしょ!っていう要因がたくさんあるのです。

だから今までも、一度ほぐれてもそのままにしてたら、またこってくるっていうパターンの繰り返しで。

今はひどい時よりはだいぶ軽くなってるので、それをさらにほぐすことと、新しくコルのを防ぐ!っていうことを意識してスローコアピローを使ってます。

なにより、この頭スッキリ感や首スッキリ感が普通なのだと分かったら、首コリは本当にやばいものなんだ!と気づきましたもん。
そりゃ自律神経失調症の症状もでるわって感じです。

特に首の付け根(肩側じゃなくて後頭部との境い目の方)がこって重くなってくると、精神的にも鬱々してくるから不思議。
首コリは万病の元といっている医者が、鬱や不安神経症の方のほとんどは首が硬くこっていると言ってました。
すごく分かる気がします。
脳への血流や酸素量で脳の働きは絶対違うと思うし。

そういえば、ついてた冊子に使用してる方のレビューもたくさん載ってるんですが、
やっぱりみなさん何かしらの不調があって、スローコアピローを使い始めることが多いですね。
部位や症状は違うけど、整形外科・整体・整骨・鍼灸に通っても良くならなくて、この枕を知って使い始めたって方も多くて、私と同じだわ~と、なんだか親近感がわくレビューばかりでした。

私は痛みはないんですが、使ってる方には頭・首・肩・背中・腰と痛みがあってそれをどうにかしたくて使い始めた方も多くて、その痛みが解消されて喜んでる方も多いです。痛いのってほんとつらいですもんね。。。

ちなみにパートナートレーニングってのもあって、この枕を使って2人でやるエクササイズの方法もたくさんあるんですが、私はそれは試してません。
やる相手がいないので・・・。
1つ買って夫婦でストレッチとか、いいですね♪

>>ストレートネック枕の詳細「スローコアライフ公式サイト」

【スローコアに期待される適応症例】 ※冊子に書いてあった適応症例の一部。
1.コリ症状全般(首・肩・目・背中のコリ)
2.緊張型頭痛
3.頚椎ヘルニア・頚椎症
4.胸郭出口症候群
5.自律神経失調症・不定愁訴
6.不眠症
7.耳鳴り
8.頻脈・動悸・不整脈
9.逆流性食道炎
 カテゴリ
 タグ
None